読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YOGA!YOGA!YOGA! ヨガのあれこれBlog

ヨガをはじめて1年のヨガ男子。ヨガにまつわる気になるあれこれを発信します。

体を柔らかくする方法②

体を柔らかくする方法その2です。

ヨガでよく行うポーズでパスチモッタナーサナ、前屈のポーズがあります。

このアーサナ、体が硬いと辛いんですよね、
しかも骨盤から曲がっていないと、腰への負担が大きく、
僕も腰を痛めそうになったことがあります。

つまり、前屈は無理に手で足をもとうとしたり、
立って行うときには手を床につこうとするのは良くないということ。

前屈は腰を伸ばした状態で股関節から折り曲げるのが
正しい方法です。

それができないのは、ハムストリングスやお尻周りの筋肉が
硬いからです。
そこを無理なく伸ばすためには、
膝を曲げた状態で前屈をするのがよいと思います。

床に座って行う場合はお腹と太ももをくっつくくらい膝を曲げた状態で
前屈をスタートします。
なれてきたら少しずつ膝を伸ばしていきます。

立って行うときには、お尻を床につけずしゃがんだ状態でお腹と太ももをぴったりくっつけます。
手は足首を持つようにし、息を吐きながら少しずつ膝を伸ばしお尻を高くしていきます。
お腹と太ももは離さないところでポーズをホールドするのがポイントです。

お腹と太ももが離れると、腰に負担がかかるためです。

前屈するときには少しずつ気長に筋肉を伸ばしていきましょう