読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YOGA!YOGA!YOGA! ヨガのあれこれBlog

ヨガをはじめて1年のヨガ男子。ヨガにまつわる気になるあれこれを発信します。

カンボジア シェムリアップのヨガスタジオまとめ



f:id:YOGAYOGAYOGA:20150920221443j:image
先月カンボジアシェムリアップに行ってきました。
目的はアンコールワットを見るためですが、
せっかくなので、ヨガもしたい!と思い、
ヨガスタジオをハシゴしました。

探すと意外や意外、ヨガのできるところがそこそこあったので、
まとめておきます。
(ここに掲載した情報はすべて2015年8月現在のものです。)

①Angkor Bodhi Tree Retreat and Yoga Centre

料金:6$〜
(ラ・パック・スレーン通り側が入り口です)

ローカル度:★★★★★
オススメ度:★★★★

その名の通り、ヨガとメディテーション専門の
リトリートセンターです。
少し奥まったところにありますが、
落ち着いた雰囲気でヨガができます。

僕が受けたクラスは、タソスさんという、
オーストラリア人(ご両親はギリシャ人らしい)という先生でした。

初心者向けのクラスで、プロップスを使いながら
丁寧に教えてくれます。
また地元の人も来てます。

宿泊もできるようです。

②Peace Cafe

料金:6ドル
(リバーロードに面してます)

困惑度:★★★★★
オススメ度:★★

1階がレストラン、土産物屋になっている建物の
2階で行われます。

当日は「アシュタンガ」のクラスを受けてたのですが、
全くアシュタンガのクラスではありませんでした。

アサナというか、不思議な動きをたくさんとりました(笑)

アシュタンガを期待していくと面食らいます。
ちなみに先生はインドのケーララ出身の方でした。

一階のレストランはスタッフも親切でとても美味しい。

③Navutu Dreams Resort & Spa

料金:8ドル

リゾート度:★★★★★
オススメ度:★★★


f:id:YOGAYOGAYOGA:20150920221350j:image

かなり市街地から離れたところにあり、
めちゃめちゃわかりづらいです。

ですがそれもそのはず、
ここは広大で静かな高級リゾートホテルのスタジオでやっているヨガクラスなのです。

まず、テンションがあがるのが、
ここの施設のプール使用が料金に含まれているのです。

3つのプールともちろんシャワー(温水、水圧良好、これ大事です)、
ミネラルウォーターにWIFIと至れり尽くせりでこの料金。
かなりお得だと思います。

肝心のヨガクラスは、というと、
むむむ、ここでもタソス先生が登場(笑)。

①と同様、生徒にあわせて丁寧に教えてくれます。

そしてここのスタジオはとても声が響くのか、
クラスのはじめと終わりに唱えるマントラが、
それはそれは厳かで神秘的に響き渡り、鳥肌が立つくらいでした。

時間に余裕があれば、ぜひ遊びに行ってみてください。

④Angkor Zen Gardens Retreat Center



f:id:YOGAYOGAYOGA:20150920221546j:image

f:id:YOGAYOGAYOGA:20150920221518j:image

料金:8ドル

先生の教えるレベル:★★★★★
オススメ度:★★

こちらも市街地から離れたところにあるので、
トゥクトゥクなどで行く必要があります。

基本的にリゾート型リトリートセンターのため、
宿泊することを前提にしている施設です。

ぼくはここに1泊しました。
(本当は2泊する予定だったのですが。。それは追々)

【ヨガ】
1日に4つのヨガクラス(うち1つはプラーナーヤマ)があります。

先生は男女2人いらっしゃいました。
どちらの先生もフローを中心にした構成で、運動量大です。

男性のアレックスさんはインド、マイソールで修行していたとのことで、
(でも今はアシュタンガは教えていないようです)
ヨガ哲学や呼吸法にもめっちゃ詳しい正に「ヨギー」でした。

スタジオ自体も囲いがないオープンな場所で
とても気持ちよくヨガができます。

宿泊の場合には、宿泊ロッジと朝夕の食事、プール、飲用水、WIFI込で、
ドミトリー50ドル、1ロッジ使用80ドル〜という設定でした。

【宿泊施設】
僕はドミトリーを利用したのですが、予想通り他にドミトリーを利用している人がおらず、
一人で使うことができました。

ただ、この宿泊施設、リゾートを謳ってる割に
造りが簡素すぎるんですね。
南国感を出したかったのでしょうか、葉っぱで編んだような壁で、
床はミシミシ沈むし夜は虫が入ってきます。
(サイトの写真とは大違い)

蚊帳があるので、それを使用して寝ました。
ただ、寝る時も近所の家(?!)で音楽を爆音で流していて、
とても休まる環境ではありませんでした。。

このあたりで結構ガッカリきて、僕は二泊目をキャンセルさせてもらいました。。

【食事】
食事はすべて手作りのベジタリアンメニューがでてきます。
シリアルやヨーグルトも手作りだったのは驚きました。

また、すべておかわり自由なので、
食事に関してはかなり満足(笑)

ただし!宿泊客のほとんどは欧米からの女性でした。
みんなで長テーブルで食事をとるので、会話についていくのが大変でした。


総じていうとヨガクラスは最高、
でも宿泊施設が最悪、というチグハグな施設です。
これで1日50ドルだったので個人的にはどうかと思ってしまいました。(円安ということもあり)
先生はとても信頼できる方たちだったので、とても残念です。


以上、僕が今回の旅で行った4つのヨガスタジオでした。

あと他にも下記スタジオがあるようです。

⑤その他


・Blue Indigo

・Hirihalaya
(次は必ずここに行きます。
めっちゃ、気になる!)

アンコールワットももちろん素晴らしいのですが、
カンボジアのヨガスタジオもいろいろ特色があり面白かったです。

観光途中に体験してみてはいかがでしょうか。