読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YOGA!YOGA!YOGA! ヨガのあれこれBlog

ヨガをはじめて1年のヨガ男子。ヨガにまつわる気になるあれこれを発信します。

体を柔らかくする方法①

正直にいいます。
僕は体が硬いです。

硬いのですが、ヨガを始めてから硬いなりに、
体の伸びや広がりを感じられるようになってきました。

そこで僕が実践している、または効果があった方法を
紹介していきたいと思います。

今回は効果的なアーサナを紹介。

ピジョンのポーズです。

これはお尻からハムストリングスにかけての筋肉と
股関節まわりを心地よく伸ばすことができます。

方法は以下の通りです。

①正座で座ります。
②右脚を正座からほどき、すねが体と平行になるように膝を曲げ、体の前にもっていきます。
 このとき足首を直角に曲げます。
 もし、すねを体と並行に置くのが難しければ、もう少し膝を曲げてすねが体側に入っても問題ありません。
③右脚をはさむように手を床に置き、手で体重を支えながら左脚を後ろ側にゆっくりひき、完全にひざを伸ばします。
 このとき左足の甲も床にねかします。
④手を前に歩かせ、右脚の前側に腕を組む、もしくは伸ばします。
⑤腕の上、もしくは床に上体の体重をのせます。
⑥30秒程度ホールドします。
⑦腕を少しずつ立てて上体を斜め前方に起こします。
 このとき腰回りをまっすぐにのばします(反らない)。
⑧腕で支えながらゆっくり左脚を正座の位置に戻します。
⑨逆側も同様。

なれるまでは股関節まわりに負荷がかかりすぎると思いますので、
無理はせず、膝を大きく曲げてポーズを取るようにしましょう。

また、体の力を抜く、緩める感覚をつかめると
よりポーズを深めることができるようになります。

僕も最初はすねを体と平行には全く置けなかったのですが、
続けていくと並行まで置けるようになりました。
ポーズをとっている間も伸びを心地よく感じられるポースなので、
おすすめです。